ステージホームの理念

img_61341

「価値ある住まいづくりをご提案します。」ステージホームはここからスタートいたしました。

 

 昨今、インターネットやSNSを中心に様々な情報が交錯しています。住宅業界のあり方も

情報と共に急速に複雑化している今、お客様ご自身の住まいづくりを見据えたとき、

何がポイントで何が重要なのか非常に判りにくい時代となりました。

例えば、建物の省エネ性能を表す従前の「省エネ住宅」という認識も

「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)」、「認定低炭素住宅」、その他様々な基準や制度へと

進化し変革しています。

 

 そんな中、私が当初より変わらず行動基準としているのが「責任」・「丁寧」・「つながる」

という3つの言葉です。

 住まいをつくるという責任を重く受け止め、丁寧な対応を忘れず、

お客様との出会いと末永いお付き合いを大切にしていくことが、

お客様に「価値ある住まいづくりを提案」させていただく基本的な姿勢と考えています。

 

 この言葉をスタッフと共有し、お客様にとって本当に価値あるものが何であるのか、

どうすればお客様と有意義な住まいづくりの時間を過ごせるのかを常に考え、

私共ステージホームは行動して参ります。

 

 そして、お客様にお住まいを提供させていただく私たちの不変の責務は、

お客様に末長く「安全」に「健康」で「安心」して暮らしていただく、

ということに疑いはございません。

なにより忘れてはならないのは、住まいはモノではなくコトであるということ。

 

 私たちは宣言します。

 

 私たちは「価値ある住まい」を提供するのではありません。

サービスを含めた「価値ある住まいづくり」を原点とし、

お客様に「家」というモノ(ハード)だけではなく、「住まい」というコト(ソフト)も

提供することをお約束いたします。

 

 ステージホームは、これからも価値ある住まいづくりをご提案し続けます。

 

                      株式会社ステージホーム

                      代表取締役 廣田大輔